テラスハウスは戸建て並の独立性がある上、安く借りられるため、家族向け賃貸住宅として人気があります。

賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い
賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い

家族向けの賃貸住宅として人気のあるテラスハウス

家族向けの賃貸住宅を探している方は、テラスハウスとかタウンハウスというような言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。このテラスハウスというのは、境界壁を共有する、複数の戸建て住宅が連なった住宅のことで、長屋建て住宅とも言われています。各戸建ての住宅が、つながって建てられているので、独立した戸建て住宅より、敷地面積が少なくて済みます。さらに建築する際はコスト安になるため、土地が狭い場所では、最適な建物とも言えます。形態としては2戸で1棟となっているものや、多くの住戸がつらなったものがあります。独立した戸建て住宅を借りるより安く借りられることや、独立した庭やテラスが各戸に設けられること、上下階での音を気にしなくても良いこと、などから家族向け住宅として人気があります。反面この住宅は独立した住宅に比べると、隣と接した横の音が気になること、接している分窓が少ないこと、が欠点として挙げられています。

このテラスハウスと同様の建て方をした建物にタウンハウスというものがあります。これは敷地の権利形態の違いからきた呼び名で、敷地の権利が戸建てのように分けられているものはテラスハウス、敷地が共有されているものはタウンハウスと呼ばれています。敷地権利という面からは、前者は戸建て住宅の仲間で、後者はマンションの仲間になります。賃貸の場合は、どちらも同じものと考えて差し支えありません。これらの建物は、いわゆる分譲住宅として利用されるよりも、戸建て感覚のアパートとして賃貸利用されることが多いようです。新しい賃貸住宅を探している方には、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

Copyright (C)2015賃貸物件のアパート、マンション、コーポ、ハイツの違い.All rights reserved.